耳鳴りとめまいがする病気「外リンパ瘻」

MENU

外リンパ瘻とはどんな病気なのか

耳鳴りとめまいがする病気「外リンパ瘻」

 

外リンパ瘻とは、内耳の一部から外リンパ液が中耳に漏れてしまう病気のことを指します。

 

そもそも耳の中は外耳、中耳、内耳の3つに分かれており、内耳には外リンパと内リンパという二つの構造になっており、そこにリンパ液が流れています。リンパ液の流れは平衡感覚を司る器官にも伝わり、バランス感覚を脳に伝えています。本来、内耳のリンパ液が振動によって波が生じたり、運動をすることで揺れたりすると人間は音を感じたり体のバランスを正常に保つことができます。

 

しかし外リンパ瘻が発症してしまうと、外リンパ本来の伝音や正常な平衡感覚を保つという役割が果たせなくなり、それらに障害が出てきます。この障害の程度や症状はさまざまで個人差も大きいため、何の病気なのか分からずに病院に訪れる患者も多いです。

 

実際に耳を観察しても、リンパ液の漏れがわずかだったりすると外リンパ瘻かどうか判断しにくい場合もあります。

外リンパ瘻の原因はどのようなものがあるのか

原因としては、怪我によるもの、耳の手術、外因性の圧外傷、内因性の誘因が挙げられます。怪我や耳の病気というのは、頭部打撲や何か棒状のようなものを耳に突っ込んで耳の奥に傷がついてしまい、そこからリンパ液が漏れてしまうケースです。

 

身近に起きやすいのが、普段の耳かきなどで中耳に傷をつけてしまうということです。

 

これらは難聴に加えてめまいが起きたり立っていることが困難になったりします。

 

耳の手術というのは、腫瘍などの疾患や治療手術によって外リンパが漏れてしまうことがあります。外因性の圧外傷においては、ダイビングや飛行機内での急な気圧の変化によって圧がかかってしまい、外リンパが漏れることがあります。

 

その他、交通事故の衝撃、さらにはジェットコースターに乗ったり高山に登ったりという少しの圧を受けることでも外リンパが漏れる可能性があります。内因性の誘因というのは、鼻をかんだりくしゃみをしたり、大声を出すといった日常における動作によるものですが、これだけでも外リンパ瘻になる可能性があります。

外リンパ瘻の症状に挙げられるもの

主に聴覚に関連する症状が出ます。具体的には、耳の詰まり、耳鳴り、難聴や閉塞感などです。難聴には突発性難聴、進行性難聴、変動性難聴と多種にわたりますが、人によって感じ方は全く異なります。

 

また、この病気における患者の訴えで多いのが「水の流れる音がする」とか「水の中にいるような気がする」という声です。これは耳鳴りの一種で、通常の「キーン」、「ザー」という音の他に、「シャー」、「ゴボゴボ」というような耳鳴りが起こることがあるためです。

 

一方で、平衡感覚障害でにおいては、めまいやふらつき、なぜか視界が揺れて見えるといった症状が現れます。これにおいても症状は個人差が大きいため、めまいをあまり感じない人もいれば、立っていられないぐらい強いめまいに侵されてしまう人もいます。

 

さらに、頭痛や嘔吐、気分が優れないといった自律神経系異常として症状が現れる人もいます。一見、すぐには分かりにくい病気ですが、さまざまな症状が現れることによって外リンパ瘻と発覚するケースがあるのです。